2013/05/29

動画は見る相手が、押しつけがましさを感じないように | パソコン好きの田舎物うどん県で働くWeb屋のブログ

動画を撮るとなると、何となく前のめりに、オモシロ映像を求めようとしますが、あまりがっついた感の映像は逆に見る側が、楽しくありません。

きちんと作りこまれたアニメや数学的な動画なら、ともかく、アクション過剰の素人映像は本人の自己満足に終わりがちです。

まずは、短くゆるいものを作って、周囲の評価を聞いてみましょう。また聞くまでもなく、あまり意味なく回していたのに、冷静に見ると結構笑えたりするものです。

お笑い映像は、特にしっかりした台本を作る場合を、のぞき、あまり力が入らないことが基本です。
スポンサーサイト
2013/05/10

超常現象の動画を撮影したい | パソコン好きの田舎物うどん県で働くWeb屋のブログ

動画を撮影していると、被写体として選び出した風景や人物だけでなく、まったく予期せぬものまで写り込むことがあります。

それは轟音と共に飛んでくるジェット機やヘリコプターなどの航空機だったり、徘徊する野良猫だったり様々であるのですが、やはり予期せずとも写って欲しいと思うものが2つあります。それはUFOと幽霊です。

UFOにしても幽霊にしても、一般の認識としては存在しないとされがちな超常現象の類いですが、ビデオカメラを持っている限りは、是非撮影したいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。