2014/12/23

遊休地をそのままにせず、土地活用しましょう

私は現在、不動産賃貸業で生計を立てています。昨年までは地方公務員として仕事をしていました。公務員時代は常にデスクワークでしたが、使うパソコンソフトはワードとエクセルのみでした。そもそも配備されたパソコンにインストールされているソフトがその二つのみでした。

そして、地方公務員をやめて不動産賃貸業や駐車場経営を始めてから、私は初めてパワーポイントを使い始めましてた。パワーポイントを使い始めたきっかけは、自分からもっともっと積極的に入居者を募集するためでした。

不動産賃貸業といえば、仲介業者がお客さんを連れてくるというのが一般的なシステムですが、不景気が続く中、仲介業者ばかりに任せていられないので、何か自分で出来ることはないかということで、パワーポイントでチラシを作り始めました。

初めて作ったチラシに我ながら感銘をうけ、その後は、賃貸物件内に設置するポップを作ったり、物件の外に掲げる入居者募集看板を自分でデザインしたりもしました。

そうやってパワーポイントでの仕事を楽しんでいるうちに、空室が一つ、また一つと埋まりつつあります。 

管理業者にばかり頼らずに、自分の工夫が駐車場経営など、土地活用には重要だと感じました。

今後もパワーポイントを駆使して、っ土地活用の仕事を進めていきたいです。
スポンサーサイト
2014/12/18

MSofiiceで作った文書を閲覧可能なソフト

パソコンを買い換えるとき、マイクロソフト(MS)オフィスつきのモノを買うべきか悩みました。やはりオフィスソフト込みと無しではかなり値段に違いがあります。また、買い替え前のMSオフィスのバージョンがXPであり、最新版のMSオフィスとでは同じMSであるにもかかわらず、大分仕様が異なっていることがトライアル版のダウンロードで判明しました。

結局オフィスソフト抜きのパソコンを買い、互換性のある別の廉価なソフトでオフィス機能とホームページテンプレートを補うことにしました。

ただ、いままでMSオフィスで作成したドキュメントのレイアウト崩れなどが心配でした。互換性のあるソフトといえど完全にMSオフィスと同じ表示をしてくれないことは分かっていましたので、他者と文書をやり取りする際に向こうのパソコンでどのように表示されるのかも不安でした。

しかし調べていくと、実はマイクロソフト社から無料で手に入れることができるMicrosoft office word viewerというものがあることがわかりました。これを使えば編集こそはできないものの、MSオフィスで作成した文章を閲覧したり、印刷したりできるのです。

いまは廉価なオフィスソフトを使用していますが、MSオフィスの使用者に文書を渡すときはビュアーでレイアウトを確認できるので安心です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。