--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/12/18

MSofiiceで作った文書を閲覧可能なソフト

パソコンを買い換えるとき、マイクロソフト(MS)オフィスつきのモノを買うべきか悩みました。やはりオフィスソフト込みと無しではかなり値段に違いがあります。また、買い替え前のMSオフィスのバージョンがXPであり、最新版のMSオフィスとでは同じMSであるにもかかわらず、大分仕様が異なっていることがトライアル版のダウンロードで判明しました。

結局オフィスソフト抜きのパソコンを買い、互換性のある別の廉価なソフトでオフィス機能とホームページテンプレートを補うことにしました。

ただ、いままでMSオフィスで作成したドキュメントのレイアウト崩れなどが心配でした。互換性のあるソフトといえど完全にMSオフィスと同じ表示をしてくれないことは分かっていましたので、他者と文書をやり取りする際に向こうのパソコンでどのように表示されるのかも不安でした。

しかし調べていくと、実はマイクロソフト社から無料で手に入れることができるMicrosoft office word viewerというものがあることがわかりました。これを使えば編集こそはできないものの、MSオフィスで作成した文章を閲覧したり、印刷したりできるのです。

いまは廉価なオフィスソフトを使用していますが、MSオフィスの使用者に文書を渡すときはビュアーでレイアウトを確認できるので安心です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。